男色系男子の日記帳

自分の考えに興味を持ってくれる誰かに読んで欲しいことを書きます

酒の飲みかたは人それぞれだ

僕はお酒が強いほうではないし、普段もそんなに飲まない。

人並みに飲むことはできるけれど、あまりたくさんは飲めない。けれど、酒の話をしていると、酒が強い人だと思われるときがある。ウイスキーが好きだからだ。

 

確かにウイスキーは強い酒のイメージがあるかもしれない。だが、どんなに強い酒でも、ゆっくり少しずつ、水と一緒に飲めば、酔いの早さはコントロールすることができる。チェイサーとして、たっぷり水を用意して、ちびちびと味わいながら飲めばいいだけのことだ。水で割って薄める必要はない。

小さなショットグラスに入った、ほんのすこしのウイスキーを、僕は時間をかけてゆっくり飲む。

僕の飲み方を知る人には、分かってもらえるが、ほんとうに僕はお酒に強いほうではない。ウイスキーをたしなむからといって、ジョッキのビールをぐいぐい飲める人たちには全然かなわない。たまに目を疑うようなスピードで飲む人を見るが、ほんとうに信じられない。牛乳やお茶をジョッキで何杯も飲める人がいるだろうか。なぜビールだとあれができてしまう人がいるのだ。

 

そして僕は酔うのがそこまで好きではない。もちろん酔わなければ酒ではないが、うまさと酔はちがうものだろう。ストレートのウイスキーを喉にくだすと、強い香りとともに、カアッと喉から口にかけて、なんとも言いがたい心地がひろがる。これが、美味しい。そして、ほのかに酔えばことさら気持ちが良い。酔い過ぎは、気分を悪くするだけだ。

 

どの酒もそうだが、産地やつくりかたによって、味わいは異なる。ウイスキーはその違いを分かっていくのもおもしろい。体系的に教わる経験というのはあまりないと思うが、僕の場合はいわゆるオーセンティック・バーのマスターに頼んで、五大ウイスキーの違いから、飲み比べをさせてもらいながら初歩的な知識を教えてもらった。

 

昔は人と飲むのが美味い酒だと思っていたが、いまは、あまりそう思わなくなった。美味い酒ほどひとりで誰にも邪魔をされずに飲みたい。誰かと仲良く語らいたいときには、むしろお茶やお菓子のほうがありがたい。